子供の習い事 > 幼児の習い事について

幼児の習い事について

幼児教育、早期教育という言葉も今ではあまり珍しくないという印象があると思います。小さいうちから色々習わせて学ばせていくことによって子供の能力自体をより伸ばしていくという考え方が幼児教育なのではないかと思います。

例えば小さいうちに日本語を覚えるのと同じように英語を習わせてみたり、運動神経を高めさせようとスイミングに通わせて見たり、小さいころから勉強に対する免疫をつけるために学習塾に通わせて見たりさまざまな考え方があると思います。しかしそれをすることで子供たちに色々な知識や経験を与えてあげることもできるのです。

また知識や経験をさせることだけでなく、色んな人たちと触れ合えたり友達ができたりするという点においてもいい経験ができるのではないかと思います。

少し注意して欲しいこともあります。例えば子供が教室に通って楽しく習い事をしていたのに、他のお家の子供とライバル争いをし始めるとか親の方が白熱してしまい結果的に勝てるように子供に押し付けてしまう可能性もあります。そうなってしまうと子供は習い事に行くこと自体楽しくなくなってしまうのです。そうなってしまっては台無しですよね。押し付けることなく、子供のことだけを考えてあげるようにしなくてはなりません。また習い事は意外と月謝が高い場合が多いと思います。そうなると「それだけかけているのだから結果出してよ」なんて子供に変な期待をしすぎてしまう場合もあります。それは子供のせいではないのでそうやって子供に期待を押し付けないようにしましょう。