武道

子供の習い事に「武道」はいかがでしょうか?今は乱暴なニュースをやっていたり、テレビや漫画で乱暴なシーンが掲載されていたりして「武道なんて乱暴な」と思う親御さんがたくさんいるかもしれません。武道を習って乱暴な子供になるのを嫌がるということがあるのかもしれませんが、習っている子供を見てみると逆におとなしく礼儀正しくしっかりしているという印象の子供が多いように感じます。

それはなぜでしょうか?武道と言うと格闘や乱暴というイメージばかり思い浮かべる人もいるのでしょうが基本は「礼に始まり、礼に終わる」ということです。最初に「礼儀」というものを徹底的に教えるからです。それは子供でも大人でも関係ありません。
礼儀がきちんとできない子に対して武道は教えないという誠心を徹底している教室もあるようです。
このように礼儀を教えていくので、漫画やニュースとは違って無駄にケンカをしてしまったりしないと思います。逆に礼儀や基本が出来ていない子の方が大人になってからケンカばかりしてしまってということになってしまいやすいのではないでしょうか。

武道を教えることにより心も体も鍛えてくれるようになります。厳しく心を鍛え、体も痛みで覚えます。それが結果的に子供のためになるのです。武道ですので怪我もすることももちろんあるでしょう。そのときに変に怪我させたと大げさに振舞うよりは当たり前という考えで気構えるようにすることも大切なのです。