子供の習い事 > 子供の習い事に関する注意点

子供の習い事に関する注意点

自分の子供には色々なことを学んでもらって技術を身につけて欲しい。

感情豊かな子になって欲しいと思う親御さんは多いと思います。

そのために子どもの色々な可能性を見つけて塾に通わせたり習い事をさせたりするのだと思います。

親御さんにとってはそれが子供のためと思ってするのでしょうが、子供にとってはどうなのでしょうか?

たぶん「苦痛」の一言で表現されるかもしれません。

皆が公園で遊んでいるときに習い事に行かなければ行けない。

幼稚園に行っても学校に行っても皆の話題についていけない。

そうなると一人ぼっちになってしまう。

親に「今日は行きたくない」などと言った日には「あなたのためなのよ」などと言われて無理やり行かされてしまう。

そんな子供も少なくないかもしれません。

お子さんに習い事をさせることの注意点として挙げられるのは無理やり行かせないことかもしれません。

無理やり行かせても子供はただ行っているだけです。

何の成果も効果も現れないと思います。無理やり行かせられているという苦痛という感覚しか持たないと思います。

ですから子供のために習い事に行かせたいのであれば子供が納得して行くようにきちんと説得してあげる必要があるのではないかと思います。

納得をすると子供は楽しんで習い事に行ったりすると思いますので、それなりの成果が期待できると思います。

習い事は子供のためにするもので、親のわがままのために行かせる物ではないのですからきちんとその点は注意するようにしましょう。