子供の習い事 > 子供の習い事事情

子供の習い事事情

習い事に通っているお子さんはたくさんいますが、ほとんどは知り合いからの口コミで習い始めるケースが多いようです。

習い事と言うのは本来子供が興味を持っているものを習わせるのがいいのだと思います。

また親御さんも興味があるものだと、子供と一緒に学ぶことができ、さらに楽しくなるのではないかと思います。

現に親が興味を無くしてしまうと習い事を辞めてしまうというケースも少なくないようです。

ではどんな習い事があると思いますか?

以下にどういう習い事があるか、例を挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。

【英会話教室】
英語は習うのが早ければ早いほど習得しやすいようです。3歳までに習わせると発音がネイティブのような感じにさえなると言われているほどです。

【バレエ、水泳、体操など】
基礎的な体力を身に付けられる他、柔軟性や持久力も身に付けることができます。

【サッカー、野球、テニスなど】
体力が格段に付く上、バランス感覚を養うこともできます。

【空手、剣道、柔道、合気道など】
技が身に付くのはもちろんですが「礼儀」と言うものを身に付けることができます。

【公文式、そろばん、習字、茶道など】
計算ができるようになったり、礼儀作法が身に付いたり集中力も身に付きます。

【ピアノ、絵画】
センスや感性が磨かれると思います。

【学習塾】
学力がつきます。

【スキー、スケート】
盛んな場所ではこういった教室もあるようです。バランス感覚を養うこともできます。