子供の習い事 > 子供たちの才能を習い事によって引き出そう

子供たちの才能を習い事によって引き出そう

近年、習い事をする子供が増えてきているようです。親が子供に習わせたいという理由で始める子供もいれば兄弟が習っているから自分も習いたいと思って習い始める子供もいるし、始める理由はさまざまなようです。

「早期教育」という言葉を皆さんはご存知でしょうか?字のごとく0歳~3歳頃の子供に習い事をさせて色々なことを経験させていくことで脳に刺激を与えて発達を促せるという教育方法のようです。「0歳に教えるの?そんなの無理じゃない?」と言う親御さんは多いと思うのですが、そこは侮らないでください。赤ちゃんと言うのは生まれる前、つまりお母さんのおなかにいる頃から既に色々な能力を持っていて、生まれてからすぐは脳が発達するので、影響を受けやすいそうです。ですから生まれてすぐにリトミックやスイミングなど習い事をさせるというのは脳を鍛える、発達させるという点でいい影響を与えてくれるものになると思います。

脳の発達を手助けするという点ではやはり早期教育がいいと思います。子供も4歳くらいになると自我が出てきますのでこれがやりたい、これがやりたくないと物事をはっきりいうようになってきます。こうなってしまってから教育しようと思ってもなかなか難しくなってきますので、逆に大きくなってからは子供の意思を尊重したほうがいいということになってきます。

早期教育をすることによって子供の秘められた能力を引き出すことが出来るかもしれません。色々習い事をさせてみるというのもいいと思いますよ。