子供の習い事 > リトミック

リトミック

子供に何かを習わせたいと思っている親は多いのではないでしょうか。現在の習い事は種類もとても多く、始める年齢も低年齢化しています。その中でも特に人気があるものというと、「リトミック」という習い事だそうです。リトミックという習い事があることをご存知でしたでしょうか?

リトミックという教育はスイスが発案したもので、音楽教育の一環だそうです。日本では最近言葉が知れ渡ったように感じますが実は明治時代に既に紹介されていた教育だったようです。リトミックは、音楽教育というのが原点にありますが、そのほかにも舞踏や演劇、応用されたものには障害児用の教育としても役立っているようです。

ではこの「リトミック」とはどんなものかご紹介してみましょう。簡単に言うと幼稚園でやるお遊戯やリズム体操みたいなもので、曲に合わせて手をたたいてみたり、体を動かしてみたり跳ねたりしてみたりするものだそうです。日本のお遊戯だと皆が同じ動きをするものですが、このリトミックは個人個人が好きに体を動かして表現をするというところにあるようです。

リトミックをやることによって、表現力を培うことも出来ますし、音楽の素晴らしさ、楽しさ、体を動かすことの楽しさも培うこともできます。さらに考える力も養えますし、集中力なども養うことが出来るのです。

こういった自己の表現を培わせるためには一番いい教育なのではないかと思うのが「リトミック」という習い事だと思います。