子供の習い事 > 早期教育について

早期教育について

最近の子供たちは年齢に関係なく今は何かしら習い事をしているのが普通になっています。

例えばお友達がやっているから自分も習いたいとか、子供が苦手としていることを克服させてあげたいとか、子供の能力を伸ばしてあげたいとか習わせる理由はさまざまだと思います。

理由はどうであれ習い事をしている子供が本当に多いのです。

「早期教育」という言葉があることをご存知でしょうか?

これはまだ脳が完成しきっていない時期の0~3歳くらいのときに色々な刺激をたくさん与えることによりそれを吸収し、脳が発達する手助けをするという教育方法です。

0~3歳の子供に教育をしても理解が出来ないから無駄なんじゃないかという考え方もあるとは思いますが、現在ではその考えが見直されてきているようなのです。

赤ちゃんのときにしか持っていない、発揮できない能力と言うのがあるということが分かっています。

その発達に合わせて脳を成長させていくのです。

子供が自分の自我を持たずに親の言うとおりに楽しんでくれるのも子の時期だけかもしれません。大きくなってくると自我がでてきて好き嫌いがはっきりしてくるようになります。いくらいいと思っても子供が嫌いだと思うとそれを受け付けなくなりますものね。そういう時期にさしかかっているお子さんでしたらもちろん、無理強いをするのではなく子供の意思を尊重するようにしなければなりません。

しかし何か役に立つかもしれませんので、早期教育ということも視野に入れてみてはいかがでしょうか。