水泳

子供に習わせている習い事として常に上位にランクインしているのが「水泳」です。

ぜんぜん泳げなかったのに初めて25mを泳ぎきったときに味わう達成感はきっとなんとも言えないものになると思います。

ここでは水泳を習わせることで生じるメリット、デメリットをご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。

【メリット】
まず体力作りに水泳は効果が絶大にあると言われています。

体が弱い子が体を鍛えるために水泳を始めると言ったパターンが多いようです。

また赤ちゃんの頃から水泳を習わせるのであれば、親も一緒に入ると思うのでコミュニケーションも取りやすくなると思います。

また、水泳を小さい頃からやっていることにより運動能力も向上しますし、丈夫で健康な体作りができるようになると思います。

また、小学校に上がってからは水泳の時間を楽しんで受けることができるようになりますし、大人になってからは体型維持のために役立ったりストレス解消になったりします。

【デメリット】
通う教室により月謝などに差があります。

よく調べた上で入学することをおすすめします。

中耳炎など耳鼻咽喉科に関する病気を起こしかねないので注意しておくようにしましょう。

水泳教室はベビークラスのように泳ぐことを目的としたクラスや、競泳目的のクラスなどいろいろあります。

子供自身が何をやりたいかでクラスを選択してもいいと思います。

子供が楽しんで泳げるようにぜひ水泳教室に通わせてみてはいかがでしょうか。